ベビーカーを持っているとバスが無料になる?!

ストックホルムではベビーカーを押している人を多く見かけます。ここはとってもベビーカーフリーな社会です。

そんなスウェーデンで特に感動したのは、ベビーカーを押しているとバスが無料なこと!今回はそのことについてまとめます。

ベビーカー1台につき大人一人無料?

ストックホルムの交通機関の多くはSL(ストールストックホルムス・ロカールトラフィーク)という会社が運営しています。日本のJR東日本みたいなものです。

一般的な感覚だと、子供が無料は分かりますが、大人は払いますよね。でも、ストックホルムの場合バスの場合はベビーカーを押している大人も無料になります。

ただし、地下鉄やトラムはベビーカーを押していても大人は普通に有料となりますのでお気をつけください。

バスの利用者の場合は、通常運転手のいる前の扉から料金を支払い乗車します。ただ、ベビーカーを押しているとバスの降り口側から入れてもらえて料金も免除されます。スウェーデンのバスの多くは降り口付近にベビーカーや車椅子などを置くスペースがあり、そこに停めることができます。

なお写真のように両親2人と1台のベビーカーでバスに乗るときは、大人1人分は支払う必要があります。

SLの公式サイトにも書いてある

念のため探したところ、SLの公式サイトにもちゃんとありました。

公式サイトはこちら→SL公式サイト(子供との旅行について)

このサイトによると、6歳未満の子供は無料です。(親と一緒でなければ乗車することができません)

また、正確には子供の乗ったベビーカーを押している大人が無料となります。ベビーカーを持っていても子供が乗っていなければ有料になるということですね。

私の体験談

私は始めのうち、ベビーカーを押しているとバスが無料だということを知りませんでした。

そのため、降り口から入ってベビーカーを停めて支払いに行っていました。バスの運転手さんたちも何も言わなかったので気づきませんでした。3か月ほどしたときに、一人の親切な運転手が無料だということを教えてくれ知ることができました。(ただこの時も支払ったお金は返ってこなかったのですが・・・。)

正直、周囲のお母さんたちの様子を見てそうなのかな~、とは思っていたのですが、ビビりだったので無賃乗車できなかったんですよね。

つまり知らなかったことで私は3か月の間損をしていました。

ストックホルムでは常識なのか、皆あえて教えてはくれません。小さいお子さんがいる方はぜひ知っておいてくださいね。

余談ですが、ベビーカーを押してバスに乗ったときに、一人の運転手に料金を支払えと言われたことがあります。運転手によってはこの制度をちゃんと認識していない人もいるようです。

ちなみにこの時の私といえば、ちゃんと公式サイトを見ていなかったので渋々お金を支払ってしまいました(くそぅっ)。もしまたそんな運転手がいたら、皆さんは公式サイトをここぞとばかりに提示してやってくださいね!

まとめに

今回はスウェーデンのベビーカーを持った人へのうれしい優待についてご紹介しました。子供やお年寄りに優しい、スウェーデンらしい制度だなと感心します。

スウェーデンに住む方、お子様と一緒にスウェーデンに旅行に来る方はぜひこのバス特権を利用してください。
 

typeの人材紹介
海外就職を視野に入れるならこちらも登録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください